アンブルウィローローズ(インナーチャイルドのヒーラー) ≪マンボヤフラワーエッセンス≫ 10ml

アンブルウィローローズ(インナーチャイルドのヒーラー) ≪マンボヤフラワーエッセンス≫ 10ml アンブルウィローローズ(インナーチャイルドのヒーラー) ≪マンボヤフラワーエッセンス≫ 10ml
アンブルウィローローズ(インナーチャイルドのヒーラー) ≪マンボヤフラワーエッセンス≫ 10ml アンブルウィローローズ(インナーチャイルドのヒーラー) ≪マンボヤフラワーエッセンス≫ 10ml
拡大画像

商品コード : ma0078
製造元 : Mamboya
価格 : 2,916円(税込)
数量
 

原産国:オランダ

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
「在庫数を注文数が上回っています。」のメッセージが表示した場合は「数量:1」などで買い物かごに入れ、備考欄に商品名と希望本数をお書き下さい。お取り寄せにて手配します。

ヘルパー・アーキタイプ: インナーチャイルドのヒーラー
【子ども達のヒーラーのアーキタイプ。子供たちやインナーチャイルドの傷を癒す。そして再び彼らが子供時代を楽しむサポートをする。】

この花は、限られた範囲で関連しているヤナギソウ(ファミリー・アーキタイプ参照)より若干小さく、特にインナーチャイルドが負った傷を癒すことが目的です。とりわけ、幼少時代が「奪われ」た形で、成長する時間を与えられなかった子供が、結果として早く大人にならざる終えなかった場合、その子供が負った心の傷を癒します。性的虐待を受けた子供には、ヤナギソウと広葉樹オーキッドを検討してみるべきです。ですが、子供であることへのトラウマがあれば、このヘルパー ・アーキタイプが必要となります。これは、頻度としては他のものほど多く必要にはなりませんが、これら二つの花に劣っているわけではありません。健康的な大人にも大変重要なものです。

例えば、片親が亡くなった子供は、その子供が役割を担うことを余儀なくさせられると、その子は子供である時間をほとんど十分に経験することがありません。けれども、気楽な幼少期であれば、それが大人、すなわち真の力の源を築く基礎となります。

失われたものはフラワーエッセンスで取り戻すことはできません。フラワーエッセンスができることは、失われた人生の重大な出来事を補う手助けをすることだけです。アンブルウィローローズは、大人の中の子供を落ち着かせ、実際に経験した幼少時代から実質的にはかけ離れることなく、内なる核心部を新たに築くことを基本としています。

 
商品名 アンブルウィローハーブ(インナーチャイルドのヒーラー) ≪マンボヤフラワーエッセンス≫ 10ml
シリーズ名 ヘルパー・アーキタイプ
容量・サイズ 10ml
原材料 水、アルコール、フラワーエッセンス
原産国 オランダ
製造元 マンボヤ・フラワーエッセンス
備考メモ ※ボトルに記載してある日付は未開封の場合の消費期限となります。

《マンボヤフラワーエッセンスについて》
「私たちが目指している目標は、人々が強く、正しく、自己責任を持って生きることのサポートをすることです」(ディレック・アルブロット:Mamboya Flower Essencesの創設者であり、セラピスト。フラワーエッセンスに関する本を数冊執筆。)
マンボヤフラワーエッセンス(元の名をホラス・フラワーエッセンス)は、1990年にドイツでディレック・アルブロットによって設立され、2001年にオランダへ移転致しました。

*マンボヤの主な特徴
1. マンボヤフラワーエッセンスは、太陽法に基づいて、ヨーロッパの固有種で無毒である植物の花で製造されています。
※ 太陽法とは、もともとイギリスのエドワード・バッチ博士によって開発され、後にオーストラリアのヴァズディヴァ・バーナオ博士によって発達された手法です。その花が最も美しく咲いているよく晴れた日を選び、ガラスのボールに清流から汲んできた水かミネラルウォーターを入れ、太陽光に当てて、花が持っているエネルギー(波動)を転写する方法です。
2. マンボヤフラワーエッセンスは、明るい日光の中で、晴れわたった日にだけ、製造されます。
3. マンボヤでは、中央ヨーロッパ中の生態学的に保護された地域で育つ、強くて元気な花のみを使用します。
4. 製造工程によって、生きた植物のエネルギーが水へと転写されるため、環境汚染のない純粋な湧き水を使用することが最も重要です。マンボヤフラワーエッセンスに使われている湧き水は、そのエッセンスを製造するために使われる植物が生きていた所と同じ地域にある湧き水から取られたものです。

*マンボヤフラワーエッセンスが重点的に取り組んでいる分野
1.出産準備
1990年代初頭以来、マンボヤは、妊娠や出産の際に最も効果的に使用できるフラワーエッセンスについてを調査してきました。このリサーチプロジェクトでは、100人以上の妊娠・出産を主たる仕事としている助産師が関わりました。助産師がフラワーエッセンスを使用した結果、「トラウマとなるような出産」だけでなく帝王切開の数を減らすことが可能となることが分かりました。マンボヤフラワーエッセンスは、母親が感情的に困難なあらゆる状況において、心のバランスを取り戻す際のサポートをしてくれます。母親が自信を持ち、バランスがとれていれば、子供も幸せになれるのです。

2.アーキタイプ
マンボヤは、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングの発見に基づいて、無意識のアーキタイプ(元型)を表す植物というものを探し求めてきました。今日のマンボヤでは、36種類のフラワーエッセンスのアーキタイプグループを提供することができます。まず、ファミリーアーキタイプというのがあり、これはギリシャ神話について言及します(グループ1)。それから、他のアーキタイプ(グループ2)では、私たちの人生の旅路を共に歩むものや繰り返し現れる状況、社会で居場所を見つけること、障害を乗り越えること等のサポートをするようなものがあります。最後のグループ3には、戦士や哀悼者、芸術家、英雄などといったアーキタイプが含まれます。

3.チャクラ
チャクラによって、ヨガやアユールヴェーダにルーツを持つヒーリングシステムを楽に学び、利用することができます。人体にある7つのエネルギーセンターは、肉体的に必要としていることから精神的な欲求まで、人生のいかなる目的に必要なエネルギーをもたらします。7つのフラワーエッセンスのコンビネーションの傍ら、マンボヤはチャクラとナディ(エネルギーをチャクラへと向かわせ、それらを繋ぐ経線)を浄化させ、クンダリーニのエネルギーを伝える5つのレメディーもまた開発しました。

ページトップへ