リジェネレーション(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
元気のない時や、老齢で体力が落ちている時にパワーを与えるエッセンス 対象:全ての動物 容量:30ml このような場合に ●元気がなかったり、健康を損なっている時に。 ●怪我や病気、発育過程や老齢化などで、体が弱くなった時に。 ●不適切なものを食べてしまった時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーの流れを活性化させます。   このエッセンスは、本来の元気さや強さ、回復力が弱まっている時、イキイキとした喜びある動作がみられない時に効果があります。 動物が必要以上に長く眠る時は、不調の兆しかもしれません。その場合にも、このエッセンスがサポートしてくれます。   【体験談】 「私の犬は老齢のため、あまり歩きたがりませんでした。このエッセンスを与えたところ、歩く意欲を示し、これまでより、よく動くことができました。」 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。  ...
¥5,300
ウェルビーイング・フォー・キャット(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》10mL
猫のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての猫 容量:10ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●エネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。 猫は、人間にとって癒しの存在になる素質を備えています。彼らはネガティブなエネルギーを感じ取り、人間や環境から有害なエネルギーを吸収することがあります。 このエッセンスは、猫のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の活力と自然な感情を取り戻すことを手助けします。また、猫の食べ物を変える時にもサポートになります。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥3,055
アロマサニトール(AROMASANITOL)《アロマファウナ》20mL
家じゅう安全お掃除!心もお家もアロマで綺麗! 精油の効果で安心安全に清潔にする、除菌もできる希釈タイプのマルチクリーナー   対象動物: ※20mlはミニチュアボトルでの販売となります。 アロマサニトールとは、清潔で良い香りを意味します。 あなたがもし、ペットを飼っているなら、使っている洗剤に不安を覚えた事はありませんか? 人間よりも数十倍も敏感で、床に寝そべったり、物を嘗めたり。 洗剤が健康に影響するとは思いませんか? アロマサニトール マルチクリーナーはそんな大切なペットが室内に居ても安心してお使いいただける、 環境にも優しいマルチクリーナーです。動物だけでなく、油汚れを落とす力の強いオレンジオイルと 殺菌効果の高いタイムオイルは目、鼻、喉などの粘膜を刺激しない人にも優しい洗剤です。 アロマサニトールの爽やかで気分が晴れる天然のかんきつ系の香りは、 お掃除を楽しくするだけでなく空間の除菌効果もあります。   万能クリーナー「アロマサニトール」は非常に優秀なエコロジー製品であり、使われている精油、 アルコール、乳化剤は化粧品に使用される安全性の高い原料から作られ、 人にも、 動物にも、環境にも安心安全なので自信をもってお勧めします。 主要成分であるオレンジオイルは天然の溶解剤で油汚れを良く落とし、艶を出します。 アロマサニトールの主成分オレンジオイルに豊富に含まれるテルペンは除菌効果が高く、 身の回り品の除菌、空気中の微生物も除去でします。 タイムオイルには高い殺菌効果があり、全ての天然成分が除菌洗剤として効果的に作用します。   【使用法】 ガンコな油汚れに 10%濃度のアロマサニトール(100㎖の水に対し10㎖)で衣服、食べ物の油汚れ、 油煙、ミネラルオイルの汚れも良く落ちます。(ジーンズに付いたガムも落ちました!) 床などの滑らかな面の拭き掃除に 0.2〜0.4%濃度のアロマサニトール(5ℓの水対し10〜20㎖)で拭き掃除します。 カーペットのお掃除に 1%濃度のアロマサニトール(1ℓの水に対し10㎖)をスプレーボトルに入れて、 汚れにスプレーし、柔らかいタオルやスポンジなどでふき取ります。 ガラス、鏡などの拭き掃除に 10%濃度のアロマサニトール(100㎖の水に対10㎖)をスプレーボトルに入れて、 適量をガラスにスプレーし、ふき取ります。 バス、トイレ、キッチン掃除に アロマサニトールはお風呂場、タイル、浴槽、シャワー室、洗面所、蛇口の洗浄にも適しています。 キッチンの油汚れもスッキリ落とし、臭いも気にならなくなります。 汚れに応じて濃度を調節して使えますが、...
¥200
スタビリティ・フォー・ドッグ(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
犬のための行動用サポートエッセンス 対象:全ての犬 容量:30ml このような場合に ●ナチュラルでリラックスした行動ができ、人と犬が寛いで共存するために。 ●目につく振る舞いをする時や、緊張した状態、怖がったり、隠れたりする時に。 ●感情面と行動に調和をもたらし、人間と犬の関係にバランスをもたらします。 犬たちは、時に厄介で、とてもおかしな行動をとることがあります。このエッセンスは「行動のセラピスト」と呼ぶことができます。犬と人間、あるいは犬と他の動物との間に調和をもたらします。 また、都会で暮らす犬の場合、屋外での散歩や遊びなど、公共の場での振る舞いをサポートします。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥5,300
リジェネレーション(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》10mL
元気のない時や、老齢で体力が落ちている時にパワーを与えるエッセンス 対象:全ての動物 容量:10ml このような場合に ●元気がなかったり、健康を損なっている時に。 ●怪我や病気、発育過程や老齢化などで、体が弱くなった時に。 ●不適切なものを食べてしまった時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーの流れを活性化させます。   このエッセンスは、本来の元気さや強さ、回復力が弱まっている時、イキイキとした喜びある動作がみられない時に効果があります。 動物が必要以上に長く眠る時は、不調の兆しかもしれません。その場合にも、このエッセンスがサポートしてくれます。ポートしてくれます。   体験談 「私の犬は老齢のため、あまり歩きたがりませんでした。このエッセンスを与えたところ、歩く意欲を示し、これまでより、よく動くことができました。」 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。  ...
¥3,055
トラウマ・ヒーリング(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
ショックやトラウマを解消させる、精神面のヒーリング用エッセンス 対象:全ての動物 容量:30ml このような場合に ●トラウマ的な経験、ショックを受けた後に。 ●雷雨、花火、動物病院の往診、他の動物や人との遭遇の後に。 ●動物に何らかの問題行動がある時や、特定の状況や人を怖がる時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーシステムを修正します。 人間と同様、動物も大なり小なりショックを受けることがあります。例えば、動物保護施設にいたり、野良犬や野良猫として過ごしていたり、不当な扱いを受けることなどです。 また、他の動物との遭遇や、花火、自動車での移動なども、トラウマになることがあります。このような経験が、問題行動や健康問題につながることがあります。 このエッセンスは、こうした好ましくない体験から、素早く回復することを助けます。 リヒトウェーゼンのエッセンスを最初にペットに使用する時、初めの一週間はこのトラウマ・ヒーリングと混ぜて使用することをお勧めしています。 ペットに問題行動がある場合、その症状が消えるまでこのエッセンスを使用して下さい。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。    ...
¥5,300
犬の首輪 シルバージュエリー(小)《リヒトウェーゼン》2.3cm
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:小 23mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥7,130
ファウナノミ・ダニスポット(FAUNASPOT)《アロマファウナ》10mL
さよなら、ノミ、ダニ、寄生虫。消臭しながら害虫を駆除するスポット剤 対象動物: 可愛い家族にダニやノミなどの害虫がついてしまうのは大変です。 気を付けていても外出先から運び込んでしまう時もありますし、 そのように皮膚に害虫が繁殖してしまっていると皮膚が弱り、悪臭を放つケースもあります。 ところが一般的に使われているダニ・ノミ駆除剤は殺虫剤ですので、 使用された動物個体にも負担が掛かりますし、皮膚が弱っている個体であれば尚更負担となり、 害虫はいなくなっても皮膚の状態が悪化してしまうような場合もあります。 だからと言って放置はできません。ダニやノミに咬まれた傷口から細菌感染なども引き起こしますし、 人間にも被害が及びます。ダニやノミは人間にとってはアレルギーの原因にもなります。 そこで、よりナチュラルで負担の少ないダニ、ノミ駆除をするなら、  こちらのファウナ ノミ・ダニスポットはいかがでしょうか? このファウナ ノミ・ダニスポットはノミ、ダニ、害虫を穏やかに駆除しながらデオドラント効果もあります。   マダニ、ノミ、害虫の発生時にお使いいただく液剤です。  ベースオイルに使用しているホホバオイルにより、精油が動物の皮膚や被毛になじみながら しっかりと付着し持続的に駆除効果のある精油の成分を放出します。 含まれている精油は皮膚の生理機能と抵抗力もサポートします。馨しいレモンとパチュリが香ります。効果は約三週間続きますが、使用個体を洗った際には、その度に塗布してください。   【使用法】 被毛、及び地肌に優しく擦り込んでください。 血管やリンパ管の集まっている部分(鼠径部や耳)やダニやノミのつきやすい部分 (尾の付け根や肩)や寄生虫が良く見つかる箇所にはこまめに塗布してください。 【使用量】 小動物 (0.5〜8 kg) 5〜10滴 中型動物(20kg以下)10〜20滴 大型動物(40kg以下) 20 〜30滴 40kg以上の動物 30滴以上   容器:ガラス 容量:10ml
¥2,250
お散歩スプレー(INSISPRAY)《アロマファウナ》20mL
嬉しくない外からのお土産には 外出前後の害虫除去や、ペットが濡れて匂う時などに使えるスプレー 対象動物: ※20mlはミニチュアボトルでの販売となります。スプレーノズル等は付属しておりません。 ペットとの外出、お散歩は、ペットの精神的肉体的ストレス解消に欠かせません。 外出して嬉しそうにいきいきとしたペットの姿を見るのは、あなたにとっても幸せに違いありません。 この心配を除いては。 ペットが他の動物と触れ合ったり、自然の中を探索したりした後に、 時々、嬉しくないお土産を持ってきます。 害虫や寄生虫、いくら愛しているとはいえ濡れたペットの臭いは嬉しいとは思えません。 お散歩スプレーは外出の前後の害虫除去に、毛が濡れてペットが匂う時などの リフレッシュメントスプレーとして使えるスプレーです。   外出から戻ったらお散歩スプレーをペットの毛、自分の衣服にスプレーしてください。 お散歩スプレーに使用されている精油、タイム、スギ、ラバンジン、シトロネラには防虫効果があり、 害虫や寄生虫から身を守ります。 ウオッシングオイルIにお散歩スプレーを加えて使うと、製品の効果を強めます。 お散歩スプレーをつけた後に動物が身体を舐めても毒性はありません。 使用されているアルコールは揮発性が高く、素早く蒸発し精油のみが残るので、 アルコールは動物に影響しません。 使用後に動物を隔離する必要はありません。 【使用法】 特に森や牧草地を歩く前に、毛や衣服に塗布します。 外出から戻る際にも毛や衣服にスプレーしてください。 湿って臭う動物の毛のリフレッシュメントスプレーとして使用できます。   【使用上の注意】  精油のキャリアとして高濃度アルコールを使用しています。引火に注意してください。  火の近くでの使用は大変に危険です、必ず火気の無い所で使用してください。  喫煙をしながら、喫煙している人のそばでの使用はしないでください。  小児の手の届かない場所に保管してください。 容器:PET 容量:20ml  
¥550
ウェルビーイング・フォー・キャット(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
猫のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての猫 容量:30ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●エネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。 猫は、人間にとって癒しの存在になる素質を備えています。彼らはネガティブなエネルギーを感じ取り、人間や環境から有害なエネルギーを吸収することがあります。 このエッセンスは、猫のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の活力と自然な感情を取り戻すことを手助けします。また、猫の食べ物を変える時にもサポートになります。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥5,300
ファウナお尻バーム(MULTIFBALZAM)《アロマファウナ》15mL
動物にもお尻の悩みはあります。 どうしたのかな?と思ったらケアしてあげましょう。 対象動物: 動物を飼うのは都合の良い事ばかりではありません。 飼育環境が不衛生だったり、食事がその個体に合っていない場合、様々なトラブルが起こります。 ペットの排泄状態や排泄前後も時には観察しましょう。 お尻をしきりに舐めたり、気にしてはいませんか? 動物は気になるとその部位をとても良く舐めるようになりますが、それが症状を悪化させてしまう時があります。 人間とは違って恥ずかしいとは思っていないでしょうが、言葉で伝えられないのが動物です。 飼い主としていつも気にかけてあげてください。 このバームは肛門腺のトラブルのケアに適しています。また外部生殖器のケアに適しています。 シアバーターをベースにしたバームに、ラバンジン、タイム、セージが含まれています。 このコンビネーションは抗炎症作用、抗真菌、及び抗菌作用があります。 バームに含まれているクローブオイルには痛みを和らげる効果があります。 炎症を起こした皮膚や粘膜、傷の手当てに適しています。 【使用法】 一日、一回から二回を患部とその周りに適量を塗布します。 獣医からのアドバイス 大型動物にこのバームを坐薬(夜の使用が好ましい。)にして使用してください。 瓶からバームの十分な適量を取り出し、それをアルミホイルに出して形を整え、 しばらくの間冷凍庫に保存して固めます。これらの坐剤は温度の低い場所に保管してください。 この坐剤を症状の出ている間、1日3回、好ましくは排便後に使用することをお勧めします。 患部や飼育の衛生状態も非常に重要です。 更なる重点的ケアのために、ラベンダー、レモンバーム、ジュニパーやクローブなどのエッセンシャルオイルを HY-NEUTRALウォッシングオイル(こちらはお問い合わせください。)に 混ぜて使用することをお勧めします。また、 IMUNOFAUNA(こちらはお問い合わせください。)を 使用して免疫力を高めることをお勧めします。 容器:PET 容量:15ml
¥560
マイコス抗真菌バーム(MYCOSBALZAM)《アロマファウナ》15mL
人間に繁殖する雑菌は動物にだって繁殖します! 健やかな皮膚のためにマイコス抗真菌バームを使いましょう! 対象動物: 真菌や酵母菌は人間も罹る感染症です。人間に真菌は多くは水虫となって発症することが多く、 酵母菌はカンジタとして発症することが多い雑菌です。 これらの菌はと特に珍しい菌ではありませんが、湿度の多い体の部位で繁殖しやすく、 長時間にわたり湿ったままだったり、不潔になってしまったり、その部位の免疫力が落ちていると 皮膚疾患として発病してしまいます。 これは動物でも同じことです。 増してや被毛に覆われている動物に湿度は大敵。 清潔と乾燥を心がけて、ひふ皮膚の状態も時にはかく確認しましょう。 このマイコス抗真菌バームは酵母や真菌性疾患になりやすい皮膚を治療するためのバームです。 ほのかに香るタイㇺとティーツリーのエッセンシャルオイルには消毒、抗真菌効果があります。 撥水性の高いラノリンをがベースとなっているバームなので動物が舐め取りにくい処方となっており、 患部をシールドしてすぐに落ちないようになっています。 【使用法】 このバームは湿った状態になりやすい皮膚を保護します。 真菌や酵母菌による感染症を起こしてしまった身体の皮膚だけでなく、 真菌症や酵母菌感染を起こしやすい足の趾の間や肉球にもお使いいただけます。 治療には通常、長期、時には数か月を要します。 一日、1〜2回、患部にバームを塗り込んでください。 獣医からのアドバイス HY-NEUTRAL(こちらはお問い合わせください。)にラバンジンやオレンジリーフ、 又はカンジタ菌に効果のある精油を10%の濃度で配合したもので洗浄の後、 このマイコスバルサムバームを使用すると、効果が更に高まります。 この製品はシャーペイやパグなどの皮膚の治療にも適しています。 またテラリウムで飼育されている動物にも適しています。 容器:PET 容量:15ml
¥1,250
ヘルプB!傷バーム(HELPBALZAM)《アロマファウナ》15mL
傷ペロペロの後はこれで治そう あらゆる皮膚のトラブルに使えるレスキューバーム   対象動物: ※15mlはミニチュアジャーでの販売となります。 あなたのペットに傷や肌荒れがある時、あなたは何を使用しますか? 消毒、傷薬、絆創膏。人間には沢山の選択肢がありますし、人間は傷薬や絆創膏を 使う意味が分かるので、舐め取ったり無理やり引き剥がしたりはしないでしょう。 ところが動物は傷や異物があると必ず舐めたり噛んだりしてしまいますが、 有害かも知れない化学物質が体内に入るのは心配ですし、大概は舐めすぎて症状を悪化させてしまいます。 カラーを絶対に着けようとしないペットもいます。動物が舐めたり噛んだりするのを止める術はほぼありません。 あなたにとっても動物にとっても一番良いのは、早く元通りに治る事。 このヘルプB傷バームは傷や炎症、肌荒れを素早く回復させるバームで、動物用の傷薬です。   ヘルプB傷バームは傷(重傷で無いもの)、傷跡、怪我、火傷(重度でないもの)、炎症などの治癒を 目的に作られています。怪我の炎症を鎮め、かゆみや鱗状の皮膚の治療にも効果を実証されています。 このバームは皮膚細胞を活性化し皮膚の再生効果が高く、傷、傷跡、炎症、かゆみ、 肌荒れ、皮むけ、発赤、また症状に伴う痛みを和らげるなど、幅広い皮膚トラブルに使えます。 口にしても危険な成分は含まれていないので、授乳による乳首の傷の治療にも適しています。 このバームはその効果を最大限に発揮できるよう複数の植物性のオイルを調合し、 とても伸びが良く患部に塗り広げやすい作りとなっています。     【使用法】 必要に応じて皮膚にバームを塗ります。   冷暗所にて保管してください。 容器:PP/PE/PS 容量:15ml
¥1,630
ファウナ除菌スプレー(FAUNADESINF)《アロマファウナ》20mL
ペットがいても子供がいてもどこでもシュッ! 自然の恵みの安心安全除菌スプレー 対象動物: ※20mlはミニチュアボトルでの販売となります。スプレーノズル等は付属しておりません。 ファウナ除菌スプレーは動物、鳥類、人、環境に安全な消毒液で、空間の空気も清潔、綺麗にします。 また消毒成分として使用されている精油は、殺菌効果だけでなく免疫力を高める効果があります。  ペットの居る空間でも、ペットが使用している物にも安心してお使いください。  勿論、あなた自身が使用している物にも!    真菌症の原因となる細菌、ウイルス、寄生虫、チリダニ、微生物は靴、靴下、衣服、 カーペット、 家具、ペットとそのおもちゃ、ベッド、そして家の湿った部分、至る所に生息しています。 真菌が存在しない場所はありません。  真菌は傷口や、湿った部位、また病後や疲労で免疫力が落ちた時などに体内に入り込み、 放っておくと深刻な健康被害を及ぼすだけでなく、他の生物にも感染します。    ファウナ除菌スプレーは小さな傷の消毒にも使用できます。  寝具、飼育器、小動物、小型および大型の動物のケージの消毒にも適しています。    【殺菌・消毒効果】  ファウナ除菌スプレーの優れた殺菌効果は検査機関にて実証されています。 優れたもう一つの特長は、真菌の胞子の拡散防止効果です。  消毒効果:  ファウナ除菌スプレーは使用から5分、または乾燥後に殺菌、殺真菌、抗ウイルス効果、  真菌への消毒効果を十分に発揮します。  マイコバクテリアの消毒効果: マイコバクテリア(MTuberculosis,M.Avium)は60分で消毒できます。    【使用法】  対象物に適量の製品を噴霧します。  消毒効果をより高めるには、製品を噴霧した後の物を成分が蒸発しないように ビニール袋に入れて密閉、またはビニールなどで覆うと非常に効果的です。 これにより「消毒空間」が形成され、真菌や病原微生物は増殖、生存出来なくなります。    【使用上の注意】  精油のキャリアとして高濃度アルコールを使用しています。引火に注意してください。  火の近くでの使用は大変に危険です、必ず火気の無い所で使用してください。  喫煙をしながら、喫煙している人のそばでの使用はしないでください。  小児の手の届かない場所に保管してください。    【使い方のヒント】  ダニアレルギーにも有効です。 ...
¥290
お散歩スプレー(INSISPRAY)《アロマファウナ》200mL
嬉しくない外からのお土産には 外出前後の害虫除去や、ペットが濡れて匂う時などに使えるスプレー 対象動物: ペットとの外出、お散歩は、ペットの精神的肉体的ストレス解消に欠かせません。 外出して嬉しそうにいきいきとしたペットの姿を見るのは、あなたにとっても幸せに違いありません。 この心配を除いては。 ペットが他の動物と触れ合ったり、自然の中を探索したりした後に、 時々、嬉しくないお土産を持ってきます。 害虫や寄生虫、いくら愛しているとはいえ濡れたペットの臭いは嬉しいとは思えません。 お散歩スプレーは外出の前後の害虫除去に、毛が濡れてペットが匂う時などの リフレッシュメントスプレーとして使えるスプレーです。   外出から戻ったらお散歩スプレーをペットの毛、自分の衣服にスプレーしてください。 お散歩スプレーに使用されている精油、タイム、スギ、ラバンジン、シトロネラには防虫効果があり、 害虫や寄生虫から身を守ります。 ウオッシングオイルIにお散歩スプレーを加えて使うと、製品の効果を強めます。 お散歩スプレーをつけた後に動物が身体を舐めても毒性はありません。 使用されているアルコールは揮発性が高く、素早く蒸発し精油のみが残るので、 アルコールは動物に影響しません。 使用後に動物を隔離する必要はありません。   【使用法】 特に森や牧草地を歩く前に、毛や衣服に塗布します。 外出から戻る際にも毛や衣服にスプレーしてください。 湿って臭う動物の毛のリフレッシュメントスプレーとして使用できます。   【使用上の注意】  精油のキャリアとして高濃度アルコールを使用しています。引火に注意してください。  火の近くでの使用は大変に危険です、必ず火気の無い所で使用してください。  喫煙をしながら、喫煙している人のそばでの使用はしないでください。  小児の手の届かない場所に保管してください。 容器:PET 容量:200ml  
¥3,780
アロマ歯磨きオイル(FAUNADENTOL)《アロマファウナ》200mL
飲んでも安全!オイルで歯磨き! 飲んでも安全な新世代の動物用口腔トータルケアオイル 対象動物: ファウナ デンタルオイルは動物の歯と歯茎のためのオイルです。オイル歯磨きと言っても良いでしょう。  歯と歯茎のトラブルは食餌がままならなくなったり口臭の原因になるだけでなく、更なる健康問題の原因となります。 歯は動物にとって手や腕の代わりもする、人間が思う以上に重要なパーツなのです。 動物が長寿を全うするにも歯と歯茎は非常に重要な役割を果たしています。 ファウナ デンタルオイルは動物の歯と歯茎のトラブルの予防にとても優れ、また安全に口腔ケアできるオイルです。  このデンタルオイルには、今までの歯磨きに一般的に使われてきた有害な化学物質が一切含まれていないので、 安心してお使いください。   ファウナ デンタルオイルの定期的な使用は歯石の形成を防ぎ、除去します。  軽い歯肉の出血や炎症を素早く改善します。   歯肉マッサージにも使用でき、歯を白くします。 オイルに含まれる植物油、精油、ビタミンが 穏やかに口腔内で働き、消臭、微生物のバランスを良く保ち、口腔内を理想的な状態に導きます。  歯周病、虫歯、歯肉出血、炎症の予防に効果的です。  オイルに含まれる精油は抗炎症作用と収れん作用があり、 このオイルの使用で初期の歯周病が解消されたという声も多く寄せられています。    【使用法】 適量のオイル(動物の大きさに応じて)を口腔内に直接、もしくはスプーンなどを使用して垂らします。  歯ブラシを使う場合は、オイルを直接歯ブラシに塗りブラッシングします。 オイルは飲んでも安全です。   歯ブラシについたオイルは洗い落としてください。 歯ブラシの洗浄には動物にも安全なファウナ除菌スプレーをお勧めします。   使用前に容器をよく振ってください。   容器:PET 容量:200ml  
¥5,650
ファウナ除菌スプレー(FAUNADESINF)《アロマファウナ》500mL
ペットがいても子供がいてもどこでもシュッ! 自然の恵みの安心安全除菌スプレー 対象動物: ファウナ除菌スプレーは動物、鳥類、人、環境に安全な消毒液で、空間の空気も清潔、綺麗にします。 また消毒成分として使用されている精油は、殺菌効果だけでなく免疫力を高める効果があります。  ペットの居る空間でも、ペットが使用している物にも安心してお使いください。  勿論、あなた自身が使用している物にも!    真菌症の原因となる細菌、ウイルス、寄生虫、チリダニ、微生物は靴、靴下、衣服、 カーペット、 家具、ペットとそのおもちゃ、ベッド、そして家の湿った部分、至る所に生息しています。 真菌が存在しない場所はありません。  真菌は傷口や、湿った部位、また病後や疲労で免疫力が落ちた時などに体内に入り込み、 放っておくと深刻な健康被害を及ぼすだけでなく、他の生物にも感染します。    ファウナ除菌スプレーは小さな傷の消毒にも使用できます。  寝具、飼育器、小動物、小型および大型の動物のケージの消毒にも適しています。    【殺菌・消毒効果】  ファウナ除菌スプレーの優れた殺菌効果は検査機関にて実証されています。 優れたもう一つの特長は、真菌の胞子の拡散防止効果です。  消毒効果:  ファウナ除菌スプレーは使用から5分、または乾燥後に殺菌、殺真菌、抗ウイルス効果、  真菌への消毒効果を十分に発揮します。  マイコバクテリアの消毒効果: マイコバクテリア(MTuberculosis,M.Avium)は60分で消毒できます。    【使用法】  対象物に適量の製品を噴霧します。  消毒効果をより高めるには、製品を噴霧した後の物を成分が蒸発しないように ビニール袋に入れて密閉、またはビニールなどで覆うと非常に効果的です。 これにより「消毒空間」が形成され、真菌や病原微生物は増殖、生存出来なくなります。    【使用上の注意】  精油のキャリアとして高濃度アルコールを使用しています。引火に注意してください。  火の近くでの使用は大変に危険です、必ず火気の無い所で使用してください。  喫煙をしながら、喫煙している人のそばでの使用はしないでください。  小児の手の届かない場所に保管してください。    【使い方のヒント】  ダニアレルギーにも有効です。  ダニは綿入りの家具やカーペットに多くにみられます。寝具やカーペットなど...
¥2,600
アイム・ザ・ボス(飼い主のために)エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
ペットの飼い主をサポートするエッセンス 対象:ペットの飼い主 容量:30ml このような場合に ●犬やペットたちのトップ(主人・リーダー)としての役割を、スムーズに果たすために。 ●権威を示す素質が足りないために、動物が従ってくれない場合に。 ●ペットに対し、飼い主がエネルギーレベルでも存在感を強めるために。 動物をだますことはできません。彼らは人間の振る舞いよりも、内面の状態により強く反応します。このエッセンスは、主導権を握ることに難をきたしている犬やペットの飼い主のために開発されました。 エッセンスの働きにより、飼い主がプレッシャーを感じることなく、動物を圧倒し過ぎることなく、主導権を握ることを容易にしてくれます。この自然な権威を動物が感じ取り、それに反応した彼らが、自然に振る舞うように促します。 また、動物の扱いが経験不足の人やアニマル・シッター、動物の扱いに対して不安を感じる人をサポートします。 このエッセンスは、動物の思わぬ行動を理解することも助けてくれます。動物を人間のように扱い過ぎるのではなく、適度なフレンドリーさで接することにより、動物が心地よい安心感が得られるように導きます。   「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。...
¥5,300
スタビリティ・フォー・ドッグ(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》10mL
犬のための行動用サポートエッセンス 対象:全ての犬 容量:10ml このような場合に ●ナチュラルでリラックスした行動ができ、人と犬が寛いで共存するために。 ●目につく振る舞いをする時や、緊張した状態、怖がったり、隠れたりする時に。 ●感情面と行動に調和をもたらし、人間と犬の関係にバランスをもたらします。 犬たちは、時に厄介で、とてもおかしな行動をとることがあります。このエッセンスは「行動のセラピスト」と呼ぶことができます。犬と人間、あるいは犬と他の動物との間に調和をもたらします。 また、都会で暮らす犬の場合、屋外での散歩や遊びなど、公共の場での振る舞いをサポートします。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥3,055
ウェルビーイング・フォー・スモールアニマル(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
小動物のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての小動物 容量:30ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●ウサギ、モルモット、チンチラ、ハツカネズミ等の小動物のエネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。小動物は特に若い人々のお気に入りの仲間で、子供や若者たちは適切な扱いをしないことがあります。 このエッセンスを使うことで、小動物のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の自然な活力を取り戻すことを手助けします。   「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥5,300
ウェルビーイング・フォー・ドッグ(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》30mL
犬のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての犬 容量:30ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●犬のエネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。 犬は、繊細であるがゆえに人間の行動の影響を受け、人間や環境から有害なエネルギーを吸収することがあります。このエッセンスは、犬のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の活力と自然な感情を取り戻すことを手助けします。 また、犬の食べ物を変える時にもサポートになります。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥5,300
トラウマ・ヒーリング(ペット用) エッセンススプレー《リヒトウェーゼン》10mL
ショックやトラウマを解消させる、精神面のヒーリング用エッセンス 対象:全ての動物 容量:10ml このような場合に ●トラウマ的な経験、ショックを受けた後に。 ●雷雨、花火、動物病院の往診、他の動物や人との遭遇の後に。 ●動物に何らかの問題行動がある時や、特定の状況や人を怖がる時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーシステムを修正します。 人間と同様、動物も大なり小なりショックを受けることがあります。例えば、動物保護施設にいたり、野良犬や野良猫として過ごしていたり、不当な扱いを受けることなどです。 また、他の動物との遭遇や、花火、自動車での移動なども、トラウマになることがあります。このような経験が、問題行動や健康問題につながることがあります。 このエッセンスは、こうした好ましくない体験から、素早く回復することを助けます。 リヒトウェーゼンのエッセンスを最初にペットに使用する時、初めの一週間はこのトラウマ・ヒーリングと混ぜて使用することをお勧めしています。 ペットに問題行動がある場合、その症状が消えるまでこのエッセンスを使用して下さい。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。    ...
¥3,055
犬の首輪 シルバージュエリー(ジルコン付き・大)《リヒトウェーゼン》3.2cm
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:大 32 mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。...
¥36,260
犬の首輪 シルバージュエリー(ジルコン付き・小)《リヒトウェーゼン》2.3cm
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:小 23mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥32,595

表示中: 1 - 24 65

You have successfully subscribed!
This email has been registered