リジェネレーション(ペット用)(REGENERATION) エッセンススプレー 《リヒトウェーゼン》 30ml
元気のない時や、老齢で体力が落ちている時にパワーを与えるエッセンス 対象:全ての動物 容量:30ml このような場合に ●元気がなかったり、健康を損なっている時に。 ●怪我や病気、発育過程や老齢化などで、体が弱くなった時に。 ●不適切なものを食べてしまった時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーの流れを活性化させます。   このエッセンスは、本来の元気さや強さ、回復力が弱まっている時、イキイキとした喜びある動作がみられない時に効果があります。 動物が必要以上に長く眠る時は、不調の兆しかもしれません。その場合にも、このエッセンスがサポートしてくれます。   【体験談】 「私の犬は老齢のため、あまり歩きたがりませんでした。このエッセンスを与えたところ、歩く意欲を示し、これまでより、よく動くことができました。」 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。  ...
¥5,650
【限定商品】リジェネレーション(ペット用) エッセンススプレー(REGENERATION) 《リヒトウェーゼン》 10ml
【限定商品】在庫がなくなり次第終売となります。 元気のない時や、老齢で体力が落ちている時にパワーを与えるエッセンス 対象:全ての動物 容量:10ml このような場合に ●元気がなかったり、健康を損なっている時に。 ●怪我や病気、発育過程や老齢化などで、体が弱くなった時に。 ●不適切なものを食べてしまった時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーの流れを活性化させます。   このエッセンスは、本来の元気さや強さ、回復力が弱まっている時、イキイキとした喜びある動作がみられない時に効果があります。 動物が必要以上に長く眠る時は、不調の兆しかもしれません。その場合にも、このエッセンスがサポートしてくれます。ポートしてくれます。   体験談 「私の犬は老齢のため、あまり歩きたがりませんでした。このエッセンスを与えたところ、歩く意欲を示し、これまでより、よく動くことができました。」 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。...
¥3,350
アイム・ザ・ボス(飼い主のために)エッセンススプレー(I'M THE BOSS) 《リヒトウェーゼン》 30ml
ペットの飼い主をサポートするエッセンス 対象:ペットの飼い主 容量:30ml このような場合に ●犬やペットたちのトップ(主人・リーダー)としての役割を、スムーズに果たすために。 ●権威を示す素質が足りないために、動物が従ってくれない場合に。 ●ペットに対し、飼い主がエネルギーレベルでも存在感を強めるために。 動物をだますことはできません。彼らは人間の振る舞いよりも、内面の状態により強く反応します。このエッセンスは、主導権を握ることに難をきたしている犬やペットの飼い主のために開発されました。 エッセンスの働きにより、飼い主がプレッシャーを感じることなく、動物を圧倒し過ぎることなく、主導権を握ることを容易にしてくれます。この自然な権威を動物が感じ取り、それに反応した彼らが、自然に振る舞うように促します。 また、動物の扱いが経験不足の人やアニマル・シッター、動物の扱いに対して不安を感じる人をサポートします。 このエッセンスは、動物の思わぬ行動を理解することも助けてくれます。動物を人間のように扱い過ぎるのではなく、適度なフレンドリーさで接することにより、動物が心地よい安心感が得られるように導きます。   「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。...
¥5,650
ウェルビーイング・フォー・キャット(ペット用) エッセンススプレー(WOHLGEFÜHL FÜR KATZEN) 《リヒトウェーゼン》 30ml
猫のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての猫 容量:30ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●エネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。 猫は、人間にとって癒しの存在になる素質を備えています。彼らはネガティブなエネルギーを感じ取り、人間や環境から有害なエネルギーを吸収することがあります。 このエッセンスは、猫のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の活力と自然な感情を取り戻すことを手助けします。また、猫の食べ物を変える時にもサポートになります。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥5,650
トラウマ・ヒーリング(ペット用) エッセンススプレー(TRAUMA LÖSEN)《リヒトウェーゼン》30ml
ショックやトラウマを解消させる、精神面のヒーリング用エッセンス 対象:全ての動物 容量:30ml このような場合に ●トラウマ的な経験、ショックを受けた後に。 ●雷雨、花火、動物病院の往診、他の動物や人との遭遇の後に。 ●動物に何らかの問題行動がある時や、特定の状況や人を怖がる時に。 エッセンスの特徴 ●ペットのエネルギーシステムを修正します。 人間と同様、動物も大なり小なりショックを受けることがあります。例えば、動物保護施設にいたり、野良犬や野良猫として過ごしていたり、不当な扱いを受けることなどです。 また、他の動物との遭遇や、花火、自動車での移動なども、トラウマになることがあります。このような経験が、問題行動や健康問題につながることがあります。 このエッセンスは、こうした好ましくない体験から、素早く回復することを助けます。 リヒトウェーゼンのエッセンスを最初にペットに使用する時、初めの一週間はこのトラウマ・ヒーリングと混ぜて使用することをお勧めしています。 ペットに問題行動がある場合、その症状が消えるまでこのエッセンスを使用して下さい。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」 リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。    ...
¥5,650
スタビリティ・フォー・ドッグ(ペット用) エッセンススプレー (AUSGEGLICHENHEIT FÜR HUNDE)《リヒトウェーゼン》 30ml
犬のための行動用サポートエッセンス 対象:全ての犬 容量:30ml このような場合に ●ナチュラルでリラックスした行動ができ、人と犬が寛いで共存するために。 ●目につく振る舞いをする時や、緊張した状態、怖がったり、隠れたりする時に。 ●感情面と行動に調和をもたらし、人間と犬の関係にバランスをもたらします。 犬たちは、時に厄介で、とてもおかしな行動をとることがあります。このエッセンスは「行動のセラピスト」と呼ぶことができます。犬と人間、あるいは犬と他の動物との間に調和をもたらします。 また、都会で暮らす犬の場合、屋外での散歩や遊びなど、公共の場での振る舞いをサポートします。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥5,650
犬の首輪 シルバージュエリー(ジルコン付き・小)《リヒトウェーゼン》
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:小 23mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥35,850
犬の首輪 シルバージュエリー(小)《リヒトウェーゼン》
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:小 23mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。 さらなる質問があれば、気軽にご連絡下さい。...
¥7,850
【限定商品】スタビリティ・フォー・ドッグ(ペット用) エッセンススプレー (AUSGEGLICHENHEIT FÜR HUNDE)《リヒトウェーゼン》 10ml
【限定商品】 在庫が無くなり次第終売となります。 犬のための行動用サポートエッセンス 対象:全ての犬 容量:10ml このような場合に ●ナチュラルでリラックスした行動ができ、人と犬が寛いで共存するために。 ●目につく振る舞いをする時や、緊張した状態、怖がったり、隠れたりする時に。 ●感情面と行動に調和をもたらし、人間と犬の関係にバランスをもたらします。 犬たちは、時に厄介で、とてもおかしな行動をとることがあります。このエッセンスは「行動のセラピスト」と呼ぶことができます。犬と人間、あるいは犬と他の動物との間に調和をもたらします。 また、都会で暮らす犬の場合、屋外での散歩や遊びなど、公共の場での振る舞いをサポートします。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥3,350
ウェルビーイング・フォー・スモールアニマル(ペット用) エッセンススプレー(WOHLGEFÜHL FÜR KLEINTIERE) 《リヒトウェーゼン》 30ml
小動物のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての小動物 容量:30ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●ウサギ、モルモット、チンチラ、ハツカネズミ等の小動物のエネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。小動物は特に若い人々のお気に入りの仲間で、子供や若者たちは適切な扱いをしないことがあります。 このエッセンスを使うことで、小動物のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の自然な活力を取り戻すことを手助けします。   「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥5,650
ウェルビーイング・フォー・ドッグ(ペット用) エッセンススプレー(WOHLGEFÜHL FÜR HUNDE) 《リヒトウェーゼン》 30ml
犬のためのエネルギー浄化用エッセンス 対象:全ての犬 容量:30ml このような場合に ●日々の健やかさのために。 ●エネルギーの流れに調和をもたらし、落ち着かせるために。 エッセンスの特徴 ●犬のエネルギーシステムを浄化します。 このエッセンスは、健康な日常生活を送るための“エネルギー・シャワー”のような働きをします。 犬は、繊細であるがゆえに人間の行動の影響を受け、人間や環境から有害なエネルギーを吸収することがあります。このエッセンスは、犬のエネルギーシステムを浄化してスッキリとさせ、本来の活力と自然な感情を取り戻すことを手助けします。 また、犬の食べ物を変える時にもサポートになります。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンスの誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。...
¥5,650
犬の首輪 シルバージュエリー(ジルコン付き・大)《リヒトウェーゼン》
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:大 32 mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。...
¥39,900
犬の首輪 シルバージュエリー(大)《リヒトウェーゼン》
あらゆる状況下で犬のエネルギーを守れるツール 対象:全ての犬 犬用ペンダントのサイズ:大 32 mm このような場合に ●人間と犬が良い関係性を保つために。 ●犬と人間の調和的な共存、相互信頼と親密さをもたらす。 ●犬のエネルギーのプロテクションのために。 このジュエリーは、犬にとって「あらゆる状況下でのプロテクション」になります。犬のエネルギーシステムを、有害でネガティブな影響から守ります。 同時に、犬と人間の関係に調和をもたらします。人間がストレスを感じていたとしても、犬はリラックスした状態を保つことができます。 「リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​」とは? エネルギーレベルでサポートしてくれる、これらの新商品は、2015年からのアニマル・ヒーラーとアニマル・トレーナーの皆さんとの協同開発によって誕生しました。 全ての種類の動物に使用できるエッセンスに加えて、犬、猫、動物のために個別にアレンジした特別なエッセンスもあります。 【リヒトウェーゼン® ペット用エッセンス​の誕生ストーリー】 ペトラ・シュナイダー ※ペトラ・シュナイダー博士とゲルハルド・ピエロットはリヒトウェーゼンプロジェクトの創立者です。 私の知合いで、ドッグ・トレイナー(犬の訓練士)をしており、さらに「厄介な背景」をもつ犬の世話もしている人がいます。「厄介」というのは、野良犬や、保護施設にいた犬、虐待を受けた犬等です。その知合いの女性が、こうした犬たちのために、動物のエネルギーシステムに合うよう調整したエッセンスを作ることは可能かと尋ねてきました。それまでの私は人間しか扱ったことがなかったので、この要望に応えるために開発プロジェクトを起ち上げました。このプロジェクトは約2年を要しました。モニターになってくださる人が次々と集まり、多くの動物関連の医師やプラクティショナーも加わり、動物のためのエッセンスに取り入れるべき重要なヒントをたくさん得ることができました。結果として、6本のエッセンス、犬の首輪のジュエリー、そして複数の動物のまとめ役として難を抱えるペットの飼い主のための「アイム・ザ・ボス」というエッセンスが誕生しました。 動物のエネルギーシステムの波動は、人間と異なります。動物たちは、動物の集合体の場とつながっています。人間と生活をともにするペットや動物は、人間の重荷を軽減するために飼い主等のブロックや病気を引き受けてしまうことがあります。そのため、取り入れたエネルギーを昇華させて動物自身の健やかさを保つための助けを必要とします。 動物への試用期間の開始直後に、素晴らしいフィードバックを受け取りました。人間や他の動物と常に距離をおいていた犬たちが、人や動物の輪に加わり、触れられることを許してくれたそうです。触らせてくれなかった猫たちは、膝にのって寝そべったり、ブラッシングをすることを望むようになりました。特に印象的だった出来事は、大晦日の花火での出来事です。一つの体験談をご紹介します。「私の犬は、花火がある時はいつも地下の洗濯機の後ろに隠れてずっと震えていたものです。今年は、最初の花火が打ち上げられた時にエッセンスをスプレーしてあげました。そうしたら、犬はリラックスしてゆき、真夜中に向かって花火の音が増していく頃も、いつもの居場所に座って、震えることなくかなりリラックスした状態でいることができました。」  リヒトウェーゼン®ペット用エッセンスの使用法について   Q エッセンスの保管の仕方は?特別に配慮することはありますか? A ペット用エッセンスは、他のエッセンスと同様にエネルギーを封じ込めてあります。特別な配慮等は不要です。ですから、他のエッセンスと同じように保管して大丈夫です。   Q エッセンスをペットに使用する方法は? 例: 口に入れる、食物に混ぜる、体にスプレーする(その場合、特定の部位にスプレーした方が良いでしょうか?) A 以下の2種類のやり方をお勧めします。 エッセンスをまずあなたの手にスプレーして、その手でペットの体を撫でてあげます。ペットが、手についたエッセンスを舐めたがることもあります(私が飼っている犬はそうすることが大好きで、強い香りと味があるにも関わらず、リヒトウェーゼンのオイルさえ舐めます。エネルギーに反応するのですね。) コップ2杯分の飲み水を用意して、1つにはエッセンスを入れ、もう1つは水だけにします。しばらくするとアルコールが蒸発して、ペットが自分で好む方、必要としている方を選ぶことができるので、そうさせてやります。体験談としては、ほとんどの場合、動物はエッセンス入りの水を選ぶとのことです。 場合によっては、ペットがエッセンスのボトルを自分の寝床に持っていったり、ボトルで遊んだりすることがあります。ボトルのグラスを通してエネルギーが放出しているため、動物がボトルから放出しているエネルギーに触れるのです。(写真をご参照下さい)   Q ペットにどのくらいの頻度でエッセンスを与えるのが良いですか? A 飲み水として与える場合は、ペットが飲みたいだけ与えてあげます。 手にエッセンスをつけて体を撫でてあげる場合は、朝と晩の一日2度をお勧めします(初めはもっと頻繁でも良いでしょう)。     ---------------------------------------- ペット用エッセンスは人間用と変わらないので、人間に使用するのと同じ要領で使うことができます。 突き詰めると、動物も人間も同等の存在なので。 このリヒトウェーゼンのペット用エッセンスは、ドイツでは既に多くの素晴らしい体験談が寄せられています。人も動物もエッセンスが大好きです。特に、リヒトウェーゼンのエッセンスについてまだ知らない人や、これまで使ったことがなかった人でさえも、優れた効果に驚いています。...
¥8,290
You have successfully subscribed!
This email has been registered